予測されている関東地震に備えてグッズを購入しておくべき

持っておくと安心の防災グッズ

グラフ

1週間分の食料が必要

従来では、3日程度の食料があれば大丈夫だといわれていました。しかし、最近になって3日分では足りないことが判明しています。特に、関東地震が起きたときの予測では一人当たり1週間以上もの水や食料が必要になっているので、常備しておくといいでしょう。

体をあたためるものが必要

夏でも太陽が沈むと地域によっては極寒の地になることがあります。特に、関東地震などの大地震が来た時は、電気が復旧するのに数日かかることがあるので、毛布や新聞紙などを予測される前に準備しておくといいでしょう。

生理用品を確保

関東地震などの大地震になると、女性用のナプキンが大変不足することが予測されます。ですので、一人数か月分のナプキンを置いておくといいでしょう。他にも、大人用や子供用のおむつがあれば排泄をする時に便利となっているので、揃えておくといいかもしれません。

ミルクを多めに買う

まだ生まれて間もない赤ちゃんがいる家庭の場合は、関東地震のような場合母親が食料を十分に取れないことがあるので、粉ミルクの常備を忘れないようにしましょう。そうすることで、地震が発生した時にも慌てずに行動することができるでしょう。

水が無くても飲める薬

持病がある場合は特に、関東地震などが発生してしまったら、薬はおろか水を飲むことさえも苦労してしまいます。そのようなことを予測して、水が無くても飲むことができる薬品に切り替えておくといいかもしれません。

女性でも持てる防災リュック

今まで巨大地震を経験したことがない場合は、何から準備すればいいか分からない方も多い事でしょう。そういった場合は、女性でも運べる防災グッズがたくさん入ったリュックを購入しておくことで、いつでも避難することが可能になるのです。これまで紹介した用品も入れることができるでしょう。