関東地震を予測するメカニズムを知れば納得することが可能

予知する方法

グラフ

宇宙レベルの観測

関東地震を予測するメカニズムとして、地圏や大気圏、電離圏が正常ではなくなるとされています。ですので、地球だけの問題ではなく、宇宙レベルで観察をしている機関ではないと完璧な予知をすることが不可能と言い切ることができるでしょう。

一週間前にキャッチ

関東地震などの大きな地震を予測できるのは、なんと一週間前から可能となっているのです。また、どこでどのくらいの地震が起こるか予め分かっていて、一週間の猶予があれば遠くへ逃げることもできるといっても過言ではないでしょう。

電波を駆使することで予知

以前では、過去に地震が起きた頻度から関東地震などを予測していましたが、こちらの方法では電波を使った方法で宇宙に異常がないかなどを調べることができます。ですので、日本にいながら地球や宇宙に乱れがないか調べることができ、予知できます。

ラジオが欠かせない

関東地震の予測をするにおいて、ラジオの電波数が必要不可欠になると言われています。何故なら、その電波に乱れがあることで、電離層ゆう乱が起こっているかどうか調べることができるのです。しかし、普通のラジオの乱れは無関係の場合があるでしょう。素人では難易度が高いので、専門家の声を聞いてみることです。

電磁放射について

電磁放射とは、日頃観測されている電波より更に強力な電波のことを表します。そして、これが大きくなればなるほど関東地震などの巨大規模な地震が起こりやすいとされているので、注意が必要です。また、こちらは2週間以上前から観測することが可能でしょう。